中文   |   日本語   |   ENGLISH
Today is
見積送り状の作成手引き
見積送り状の作成
よく使われる用語の中国語・日本語対訳
通関手続きについて
国際配送できないもの
よくあるご質問
日本の祝日
配送伝票の記入
発送物の包装
発送物の取り扱いに関する注意事項
費用及び為替レート
世界時計
容積重量の計算
単位の換算
常用用紙の検索?ダウンロード
現在の位置:ホーム   »  服务指南  »   発送物の包装    

    より簡単に、すばやく荷物を発送できるよう、翼速国際物流有限公司(GESWL EXPRESS)は配達荷物の積載、保管、運搬に関し、次の通りの取り扱い注意事項を定めました。

    荷造りする際の注意事項
    1.発送物の性質、状態、重量に適した荷造りであること。
    2.運搬、積み卸し、積み重ねに適した頑丈、軽便、きちんとした荷造りであること。
    3.包装外部に尖った釘、鈎、とげがないこと。
    4、包装が清潔で、異臭や油のない乾燥したものであること。
    5、発送物を包装箱の中に固定し、箱との間に隙間が残らないよう、充填材で埋めること。
    6、発送物が箱の中で互いにぶつからないよう、隙間を充填材で埋めること。
    7、くずや草くずのある材料で包装しないこと。例: 草で編んだ袋、わら縄等。 
    8、包装後の発送物はその種類を問わず重量は許容重量内にあること。 
    9、発送物の尖った部分は厚めに包装し、箱等の包装物を傷つけないようにすること。 
    10、包装内の下敷き材(紙くず等)が外部に漏れないようにすること。 
    11、重さ10kgを超える発送物は全てPPバンド等で梱包すること。 
    12、包装用PPバンドは切れることなく発送物の重量を完全に耐えられるものであること。
    

    具体的な荷造り方法

    
積み上げ可能、柔らかい、軽い一般荷物類: 
    * 書類、伝票の場合は封筒に入れて下さい。
    *積み上げ可能、柔らかい衣料品の場合はビニール袋を使用して下さい。
    * 上記荷物の数量が多い場合には、段ボール箱を使用することもできます。その際、湿気や陰湿を防ぐために、先にビニール袋に入れてから段ボール箱に入れるようにして下さい。
    * サイズ的に大きく折りたためない書画、設計図等は、巻いて三角状筒箱に入れて下さい。
    * 記入した後の配送伝票を蓋の隙間に貼り付けて下さい(固定効果があります)。
    *内容品が包装物から出ていないことと蓋がきちんと閉じていることを確認して下さい。内容物を包装物の外部に巻き付けたり、貼り付けたりしてはならない。 
    * 粘着テープで段ボール箱を封緘する場合は、まず底部分の蓋を閉めてから、粘着テープを隙間に沿って貼り付け、段ボール箱の両サイドより8cm長く残して段ボール箱の両サイドに貼り付けて下さい。次に縦方向に粘着テープを2本巻き付けた後、同じく段ボール箱の両サイドより8cm長く残して段ボール箱の両サイドに貼り付けて下さい。横方向を巻き付ける際の手順も同じです。

    
    油絵、ガラス(フレーム付)等の壊れやすい立積厳禁品
 
    * 表面、フレームを傷つけないよう注意を払いながら発砲スチロールでへこむ部分や突然部分を埋めた後、発砲ビニールシートを全体に巻いて下さい。
    *発砲ビニールシートを巻いた後、板紙で周りを梱包し、平らの部分に鋭い物体の貫通から荷物を守る為のベニヤ板を置いて下さい。次に発砲スチロール又は厚いボール紙を折り畳んで角の部分を覆うように取り付けて下さい。フレームが複数ある場合は、まとめで荷造りせずに、上記手順で個々に荷造りするようにして下さい。
    * 個々に梱包した後、段ボール箱に入れて下さい。段ボール箱に入りきれない場合は、木箱を作って下さい。その際、必ず箱と荷物平面の間に10cm、フレーム部分との間に5cmの隙間を確保し、発砲充填材又は紙くず等で隙間を完全に埋めて下さい。
    * 幅高さともに同じの発送物の場合は、上記手順が完了した後、重ねて固定し、それをまとめて入れる箱を作ることもできます。サイズが異なる場合には、外装を別々に作る必要があります。
    * 外装の一番目立つ場所に必ず割れ物注意等のステッカーを貼り付けて下さい。

   
    
ガラス製品、機械・電気製品などの壊れやすい荷物 
    * ガラス製品及びガラス容器詰品については、できるだけ別々に包装するようにして下さい。
    *形が不均一なものについては、不均一な部分を取り外して、傷つけないよう発泡スチロール等で梱包して下さい。取り外し不能なものについては、各部分を十分に梱包した後、この荷物を完全に収納できる箱に入れて下さい。
    * 発泡スチロール製梱包充填材を箱一杯詰め込み、荷物を箱の中で動かないように固定します。
     *内側包装箱の片側長さが50cmを超える場合には、原則として外包装に木箱を使用しなければなりません。 
    * 50cm未満の場合は、荷物本体よりも大きめの板紙箱に入れて、各サイドに5cm程度の隙間を残して、発泡スチロール製梱包充填材で隙間を全て埋めてから箱を封じて下さい。 
    * 結束機等で結束バンドを巻き付けます。 
    * 外箱各面の目立つ場所に割れ物注意等のステッカーを貼り付けます。
   
    
    サイズの小さめのもの
   体積より小さい物品に対して包装した後に全体の包装の長さ、幅、高い合計40センチメートル足らずになってはなりません、57.最小の片側5センチメートル足らずになってはなりません;以上の寸法がを包装してビニール袋の中でもし詰めますのより小さくならばなければならなくて、封印の後で貼って運送状を分けます。

     サイズが長めの壊れやすいもの 
    * 釣り竿、ゴルフクラブ等の比較的長い壊れやすいものについては、三角筒状の箱で梱包します。
    * このタイプの発送物を気泡緩衝材で包んで三角筒に入れ、物品が箱の中で動かないよう、残った隙間を充填物で埋めます。
    * 複数の同類品がある場合には、原則として別々に三角筒状の箱に入れるようにして下さい。まとめで梱包したい場合には、個別に包装した発送物を紐などでひとつに縛った後、三角筒状の箱に入れて充填物で隙間を埋めるようにして下さい。
    *三角筒状の箱の周りの目立つ場所に割れ物注意等のステッカーを貼ります。
  
  
    壊れやすい精密製品、性質上砕けやすい発送物の包装 
    * 発送物1つあたりの重さを25kg以内に抑え、発送物の強度に応じてそれぞれ次のような方法で包装して下さい。
    * 多層包装:3に記載する方法で包装して下さい。
    * 吊り下げ式包装:バネ又は縄を数本使用し、箱の内側で荷物を吊り下げるように固定します。例:大型電子管、X線管等。
    * 逆さま防止包装:底部の広い容器を使用した、箱蓋に手提げ穴又は屋根式箱蓋付きの包装箱を使用した包装方法。横置きできないガラス板や風よけガラスを輸送する場合には、必ず横置き防止包装(底部が広く、スタンドで立てられて固定したもの)で梱包するようにして下さい。
    * ブラウン管の包装:十分に厚い発砲スチロールやその他下敷き材で本体をしっかりと巻き付けた後、頑丈な段ボール箱又は木箱に入れて下さい。その際、箱内で動かないよう固定して下さい。

    無梱包荷物と積み置き可能な荷物の包装 
    * 形が不均一、数量確認が不可能、飛行機を傷つけやすい硬質荷物を輸送する場合には、他の荷物や飛行機を傷つけないよう、必ず麻布、板紙箱、布ぎれ又はロープで包装してから輸送するようにして下さい。
    * 梱包用のローブの強度は、切れることなく荷物の重量を完全に耐えられる強度でなければなりません。
对形状不规则、不易清点件数、容易碰坏飞机的硬性货物,必须外加麻布、纸箱、布条或绳索进行外加包装,以免损坏其他货件或飞机。 
    
    貴重品の包装
    上記の方法で包装される際に、頑丈で破損しにくい包装方法(木箱、鉄製ケース、合成樹脂製箱等)を使用した上で、井文字型帯鋼をつけるようにして下さい。
    
    耐湿荷造り

    * 荷造りは、必ず発送物が乾いた状態で行って下さい。 
    * 発送物に耐湿層を傷つける、貫通させる突起部がある場合には、先に防護対策を行って下さい。
    * 耐湿梱包を行う際に、他の防護対策を同時に行う必要があるときは、所定の包装基準に従って相応の保護措置をとるようにして下さい。
* 輸送中に箱の中で内容物を固定する為の充填物、固定具、支持具は、必ず耐湿層の外側に取り付けるようにして下さい。 
    * 耐湿包装の体積をできるだけ少なくして下さい。
    * 透湿性が0又は0に近い金属又は非金属に内容物を入れて密封して下さい。    
            > 乾燥剤を使用しない:真空包装、空気入り包装等;         
            > 乾燥剤を使用する:シリカゲルとモンモリロン石等を使用して下さい。
    *透湿性、透蒸気性が比較的低い軟質素材で内容物を乾燥剤とともに密封して下さい。         
            > 単一軟質膜に乾燥剤を入れての包装          
            > 複合薄膜に乾燥剤を入れての包装;
            > 多層包装、異なる透湿性、透蒸気性が比較的低い素材を使用した包装。    
    上記の包装方法はあくまでも参考として掲載させていただいたものであり、 GESWL EXPRESSがその安全性を保証するものではございません。発送物の荷造り及び荷造りに使用される素材の選択は、あくまでお客様の責任で行うようにしてください。

Copyright (C) 1996-2007 GESWL Global Express All Rights Reserved   沪ICP备10015445号 Design By Jugee Network Co., Ltd.